検索
  • ReyesTatsuru Shiroku

キャリアダンプ(不整地運搬車)をスマホで遠隔操作成功

最終更新: 3月10日

建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAV株式会社(東京都文京区、代表取締役:白久)と株式会社諸岡(茨城県龍ケ崎市、代表取締役CEO 諸岡)は共同で、株式会社諸岡製のキャリアダンプをインターネットに接続したスマートフォンで遠隔地(12km)から操作する実験に成功しました。

ARAV社のシステムを株式会社諸岡のキャリアダンプと接続し、実験は行われました。

このシステムを活用することにより、建設現場の作業もテレワークが可能になります。それにより、新型コロナウイルス感染防止や、安全作業の実現、現場のオペレーター不足といった課題へ貢献いたします。

開発したシステムは、CAN通信対応の建設機械に後付けで搭載でき、インターネットに接続したノートパソコン、スマートフォンであればどこからでも遠隔操作が可能となっております。



詳細は下記のプレスリリースを御覧ください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000058931.html


【システムの特長】

  • 遠隔操作システムは、建機のメーカー、機種を問わずに後付けで簡単に搭載可能。

  • 本体に通信用SIMを内蔵しているため、携帯電話回線が通じるエリアであればどこでも利用可能。

  • 個人のスマートフォンからも操作可能。


【株式会社諸岡との共同ニュースリリース】

https://www.morooka.co.jp/wpm/wp-content/uploads/2021/02/%E9%81%A0%E9%9A%94%E6%93%8D%E4%BD%9C20210204_morooka.pdf


本プレスリリースについてのお問い合わせはWebサイトの「お問い合わせ」までお願いします。

38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

建設現場のテレワークに貢献、1000km離れても油圧ショベルをインターネット経由で遠隔操作可能

建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAV株式会社(東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 南研究棟アントレプレナーラボ)は、株式会社富士建(佐賀県佐賀市)、ビスペル合同会社(静岡県富士市)と共同で、油圧ショベルをインターネット経由でリアルタイムに遠隔操...

080-7713-1980

〒113-8485
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 南研究棟 アントレプレナーラボ210

  • Google Places
  • Facebook
  • Twitter