SERVICE

聞かせてください

​現場のこと

建機を遠隔操作

1000km離れた場所から

スマートフォンやノートパソコンで、遠く離れた建機の操作が可能になります。装置は建機のメーカーや機種を問わず後付けで搭載が可能。現場の人的負担をどれだけ軽減出来るかが目標です。

​自動化のリッ

​省人化でコストダウン

単純作業なほど重労働、そんな建設現場の常識を解決するための一歩が、自動化です。様々な現場、様々な重機に対応させることで、目に見えている負担を軽減、あるいは排除することが可能です。

なにをしているのか

建設現場が抱える課題を解決するためのソリューション=現場のアップデートが、ARAVが目指す方向性です。現場の安全性の確保、リスクの軽減を、1日でも早く世界中に広めようと、日々活動しています。

なぜしているのか

向こう30年、建設業界に必要となってくるのはロボット工学を用いた遠隔化や自動操縦だと認識しています。様々な要望をいただく機会も増えており、ニーズの強さを日々新たに強く感じ取っています。

どうしているのか

多くの現場に足を運ぶ機会を頂戴しており、様々な課題と向き合うことで解決のためのノウハウも日々蓄積されています。これらを更に研究・開発に活かすことで、また新たなソリューションを生み出しています。

080-7713-1980

〒113-8485
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 南研究棟 アントレプレナーラボ210

  • Google Places
  • Facebook
  • Twitter